前座、頑張れ!

正月の興行は1時間の間に7,8本の出演者がいる為、普段の寄席の様に時間がもらえないのは皆様もご承知の事と思いますが、客席から見えない裏側、つまり楽屋はえらい事になっていまして、正月も日5ぐらいまでは出演者も着物で楽屋入りしますが、6日ぐらいから洋服になり楽屋で着替えをする様になると、持ち時間が少ない顔見世興行ですから、前座も着物をたたむ時間も少なくなり大忙し。正月で袴を付ける人が多いので、袴、羽織、着物、襦袢、肌着と全てシワにならない様にたたんで風呂敷に包んで、って見ていると一言、「前座、頑張れ!」です。今、前座に戻されたらきっと発狂するな〜
e0090764_9423654.jpg

急げ〜
e0090764_9425758.jpg

[PR]
by kinya_sanyuutei | 2007-01-07 09:44 | 落語界
<< 大相撲観戦 弟3回、ゴールド・ラッシュ >>