楽屋のしきたり

お相撲同様、縦社会の落語界は楽屋にも色々しきたりがあります。座る所も決まりはありませんが座卓の周りは理事、座椅子に座るのは会長、副会長、偉い師匠方。私なぞは手前の部屋(撮影場所)か奥に見える座布団の場所。文机に向かっているのは立て前座、高座で今、誰が何の噺をしているというのを根多帳につけている。右の彼は楽屋番、着替えを手伝ったり、お茶を入れたり、気を配ります。頑張れ、前座さん!4年間の辛抱だ!
e0090764_12282095.jpg

[PR]
by kinya_sanyuutei | 2007-02-09 12:29 | 落語界
<< 暖冬 学習しました >>